4日午前8時15分ごろ、東北新幹線古川(宮城県大崎市)―くりこま高原(同県栗原市)間を走行中の回送列車が、架線から車両に電気を取り込むパンタグラフの異常を検知した。点検のため一時停車し、後続の列車に遅れが生じた。JR東日本が原因を調べている。

 JR東によると、回送列車は仙台発盛岡行き。現場で点検後、くりこま高原駅まで徐行運転。同駅で再点検して異常がないことを確認し、約30分後に運転を再開した。下り3本が最大40分遅れ、約1200人に影響が出た。