県議会奥州選挙区(定数5)選出の郷右近浩氏(53)=自由党=は9月の任期満了に伴う県議選に4選を目指して立候補する意向を固めた。同党に公認申請する。

 郷右近氏は3日、自身の県政報告会で「県南地区の商工業や農業振興、保健医療福祉の充実に力を尽くし、復興の先に幸福を感じられる岩手の未来をつくる」と決意を述べた。今後、後援会(高橋照治会長)の強化を図る。

 郷右近氏は奥州市水沢出身で、水沢商高卒。旧水沢市議、奥州市議各1期を経て2007年県議選で初当選し3期目。県議会次期総合計画特別委員長、自由党県連総務会長を務める。

 同選挙区で出馬を表明したのは3人目。