バスケットボール男子のBリーグ3部(B3)レギュラーシーズンは2日、八幡平市総合運動公園体育館などで4試合が行われ、岩手ビッグブルズは最下位の東京海上日動に82-70で勝利し、連敗を14で止めた。通算成績は3勝20敗で順位は変わらず9位。

 岩手は前半を45-29で折り返した。第3クオーターで9点差に詰め寄られたが、第4クオーターにCマーカス・クザンがチーム最多の30得点目をフリースローで決めるなどして突き放した。

 岩手は3日、同体育館で東京海上日動と対戦する。