大槌町長の平野公三氏(62)は、8月27日の任期満了に伴う町長選に、再選を目指して出馬する意向を固めた。町議会本会議で近く正式表明するとみられる。

 平野氏は27日、岩手日報社の取材に対し「現時点で言えることはない」としたが、後援会(阿部山恵造会長)の関係者によると、複数幹部に意思を伝えている。政党推薦は要請しない見通し。

 次期町長選で立候補の意向を固めたのは平野氏が初めて。現時点で他に立候補の動きは表面化していない。