待望の〝今季1号〟が飛び出した。西武の山川穂高(富士大)が24日、高知市で行われたロッテとの練習試合で今季の実戦初本塁打を放った。キャンプ最終日に一発が出たが「ここ何日かはいい感じで打撃練習ができていたので結果として出るのはうれしいけど、シーズンで打てるようにしたい」と表情を緩めることなく言った。

 一回2死一塁でボルシンガーの初球、高めに来た速球をたたいた。打球は高々と舞い上がり、バックスクリーン左へ。ベンチに戻るとファンの期待に応え、今季、本塁打を打った後に取る予定の、相撲をモチーフにしたポーズも披露した。

ロッテとの練習試合の1回、本塁打を放ち、中継カメラに向かってポーズをとる西武・山川穂高=春野

 今季は50本塁打を目標にし「調整というより、まだまだうまくなりたいと思って打席に入っている」と言い切る。毎年、理想の打撃感覚は変化するそうで「今年はこれかなというのはある状況。段階としてはいい」と手応えをつかみつつある。

 今後はオープン戦が始まる。主砲としてチームの勝敗を背負う立場となったが「自分のことをまずは考えてやる」としっかり足元を見つめた。