久慈市十八日町のライブハウスUNITY(ユニティー)は28日、閉店する。地元の若者のバンド活動を支え、著名アーティストも出演し久慈広域の音楽シーンをけん引してきた。しかし、少子化とともに学生バンドも減少。約20年の歴史に幕を下ろす決断をしたオーナー小田貴光さん(44)は「音楽仲間と、協力してくれたみんなに感謝しかない」と語る。

 ユニティーありがとう-。胸を突く鼓動にファンが拳を上げる。1月から最終ライブを展開中で、地元や県内外から、ゆかりのあるロック・パンクバンド、弾き語りまで幅広いアーティストが惜別の音を響かせている。

 17日に出演した地元バンド「THE BEATS」のベース橋上武司さん(51)は「開店時から拠点に活動させてもらったので残念」、来場した同市侍浜町の会社員佐々木基之さん(46)は「好きな音楽と、交流ができる貴重な場所。願わくば復活してほしい」と惜しんだ。