岩手大(岩渕明学長)は21日、任期満了に伴う4月からの副学長体制を発表した。新任5人、再任1人、理事昇格1人で、任期は4月1日から1年。

 喜多一美副学長(57)は理事となり教育・学生・IRを担当。同じく藤代博之理工学部教授(61)が理事で研究・復興・地域創生担当となる。

 それ以外の副学長は比屋根哲連合農学研究科長(61)が総合科学研究科・COCを担当。藪敏裕教育学部教授(61)が国際連携、宮本ともみ人文社会科学部教授(58)が男女共同参画・広報・環境マネジメント、西崎滋理工学部教授(64)が情報統括をそれぞれ担当する。

 総務・企画・評価担当の小川智理事・副学長(60)は再任する。