大船渡市は2019年度、職員採用1次試験を民間企業が提供する総合適性検査「SPI3」に変更する。全国各地に設けた専用会場で志願者が都合のよい日時に受験でき、専門の対策を要する従来の公務員向け試験と内容も異なる。人手不足で採用競争が激しくなる中、幅広い人材の参入を期待する。

 SPIはリクルートマネジメントソリューションズ(東京)が提供するサービスで、性格検査と国語や数的処理能力を試す能力検査で構成。「受験日時を志願者が選んで申し込める。全国47都道府県に一定期間置かれるテストセンターで受験する。

 大船渡市の19年度採用試験は前年度に引き続き、一括ではなく前後期の2回実施。1次試験は一般事務職対象の前期が4月中旬から5月中旬、一般事務と専門職の後期は9月中旬に予定する。1次の後、市内で面接を2回行う。