マリナーズの菊池雄星(花巻東高)は、通訳を捕手役にしたキャッチボールや遠投で盛んに腕を振った。前日に初めて打者相手に投げたが「久しぶりの気持ちいい張り」と疲れを見せず、全体練習後も居残って放り続けた。

 新たな環境に慣れるため、球団はじっくり時間を取って調整させる意向。「(前日の)最後の方はいいなと思えた」との好感触の持続へ、調整に余念がなかった。

(ピオリア共同)