達増知事は21日の県議会運営委員会(中平均委員長)で、3月末で任期満了を迎える高橋嘉行教育長(62)の後任に、企画理事兼総務部長の佐藤博氏(60)を起用する方針を示した。3月25日の県議会2月定例会最終本会議に人事同意案を提案する。

 佐藤氏は一関市大東町出身で県立大大学院修了。1977年県庁入り。会計管理者、総務部長などを経て2018年4月から現職。県教委企画課長を務めた経験もある。

 達増知事は議会運営委で「教育行政に精通していることに加え、県政全般に幅広い知見を有しており適任と判断した」と説明した。県議会が同意すれば、佐藤氏の任期は4月1日から3年間。