盛岡市の県交通(本田一彦会長)は同市中心部にモノのインターネット(IoT)技術を活用した「スマートバス停」を設置し、20日に試験運用を開始した。電子画面に時刻表や運休情報などを映す「ペーパーレス」のバス停で、災害時の情報発信も担う。時刻表の紙を張り替える人的負担や印刷費の軽減効果を見込んでおり、県内全域での導入を目指す。

 利用者の多い盛岡市中ノ橋通のNanak(ななっく)前に1台設置。現地で同日行った記念式典で、本田会長は「このバス停が備える多くの機能を生かし、地域活性化につなげたい」とあいさつした。

 スマートバス停は高さ2メートル、幅0・8メートル。暖房設備を内蔵した寒冷地仕様で、購入費約200万円。55インチの大型モニターにリアルタイムの時刻表を随時表示するほか、運休や災害情報、ニュース、自社の関連動画を流す。今後は天気や観光案内なども入る予定だ。

 同社のバス停は県内に約5千カ所あり、ダイヤ改正時は営業時間外の深夜に従業員が時刻表の紙を張り替える作業に追われる。県交通は約1年間、スマートバス停の効果を検証し、徐々に台数を増やす方針だ。