【オーストリア・インスブルックで運動部・斉藤大樹】2年に1度開催されるノルディックスキーの世界選手権は20日、オーストリアのゼーフェルトで距離女子5キロクラシカルの予選が行われて開幕した。3月3日までジャンプ、複合、距離の世界一を争う。日本勢は競技が本格的に始まる21日から登場する予定。

 20日はインスブルックで複合個人ラージヒルの飛躍練習が行われ、平昌(ピョンチャン)冬季五輪銀メダリストの渡部暁斗、渡部善斗(ともに北野建設)山元豪(ダイチ)永井秀昭(岐阜日野自動車、盛岡南高-早大)清水亜久里(ユーグレナ)が調整した。