北上信用金庫(北上市、木村幸男理事長)と岩手日報社(盛岡市、東根千万億(ちまお)社長)、全国の地方新聞社などでつくるインターネット通販サイトを運営する「47CLUB(よんななクラブ)」(東京都、栗田健一郎社長)は26日、北上、西和賀地域の特産品の販路拡大に取り組む連携協定を締結する。47CLUBに関連する同様の協定締結は県内初。

 同金庫が持つ地元中小企業のネットワークを生かして事業者を発掘。全国の地方新聞社が厳選する食品などに関する通販サイトを展開する47CLUBで紹介するほか、催事出店や企業キャンペーン取引、大手カタログメーカーのカタログ掲載などを通じて販売を支援する。各事業者に合わせた商品開発にもつなげる。

 3者は販路支援のためのセミナーや商談会の開催、地域産業振興事業でも連携する。