県教委と盛岡市教委は1日、2019年度県内公立高の推薦入試合格者数を発表した。県立は全日制63校120学科のうち51校95学科に978人が受験し、740人が合格。推薦入試募集定員1020人に対する充足率は72・5%(前年度比0・3ポイント高)。盛岡市立は普通科と商業科合わせて109人が合格し、充足率は94・8%だった。

 試験は県立、盛岡市立ともに1月25日に行い、志願者全員が受験。県立の志願倍率は0・96倍で5年連続で1倍を切った。盛岡市立は158人が受験し、志願倍率は1・37倍だった。