プロ野球のキャンプが1日、宮崎、沖縄両県などで始まった。昨季パ・リーグMVPに輝いた山川穂高(富士大)はフリー打撃で豪快なスイングを見せ、柵越えも披露した。「まだ打つのはそこそこ。状態は100のうち、20~30ぐらい」としながら「ユニホームを着て打つと疲労度はある。でもこれがないと試合で戦えない」と納得の表情で初日を終えた。

 キャンプのテーマは「強く振ること」。フォームを意識しすぎず「遠くに飛ばそうと思えば、自然と形は決まる。強く振るのが僕の形」とスラッガーの自負をにじませた。