1日の県内は、冬型の気圧配置の影響で強風が吹き荒れた。盛岡地方気象台は沿岸部に暴風、内陸部に暴風雪の各警報を発表。花巻市内では倉庫の屋根が剥がれかけ、交通機関のダイヤも乱れた。

 午後5時までの最大瞬間風速は大船渡27・2メートル、大槌・新町と奥州・若柳25・2メートル、岩泉24・7メートルなど。

 花巻市豊沢町の建築資材商社の倉庫では、強風でトタン屋根が「バリバリ」と音を立てて半分めくれ上がった。けが人はなく、屋根はロープで固定した。