西武の多和田真三郎投手(富士大)が今季の開幕投手を務めることが宮崎県日南市でのキャンプ最終日の18日、発表された。4年目で初の大役に「チームの第1戦でとても大事だと思う。恥ずかしくない投球をしないといけない」と意気込んだ。

 辻発彦監督の発案で、キャンプの手締めを終えた直後にスコアボードに「開幕投手 多和田真三郎」と表示して発表された。本人には朝、直接伝えていたという辻監督は「彼は今年の活躍でチームを引っ張ってもらいたい。エースと呼ばれる投手になってほしい」と期待した。