西武の外崎修汰(富士大)が17日、宮崎県日南市で行われているキャンプの紅白戦に1番打者で出場し、初回先頭打者本塁打など2本の長打で2打点と躍動した。1番を誰が打つかはチームのテーマの一つ。積極的な打撃で打線を活気づけ「持ち味の積極性を消さないで思い切っていった」とうなずいた。

 一回に富士大の後輩、多和田真三郎の外角直球を迷いなく振り切り、右翼席へ運んだ。六回は初球の直球を右中間へはじき返して三塁打に。五回には四球で出塁し、選球眼の良さも見せた。