【大阪支社】陸上の世界選手権(9~10月、カタール・ドーハ)代表選考会を兼ねた日本選手権20キロ競歩は17日、神戸市の六甲アイランド甲南大周辺コースで行われ、男子は大会記録を持つ高橋英輝(えいき)(26)=富士通、花巻・宮野目中-花巻北高-岩手大=が派遣設定記録(1時間20分)を上回る1時間18分0秒で大会史上初の5連覇を飾り、3大会連続の世界選手権出場を決めた。