久慈市の高齢者向け学習講座「白樺(しらかば)大学」夏井地区学級(市社会福祉協議会、市老人クラブ連合会主催)は15日、同市の夏井市民センターで開かれ、市内各地の約80人がオリジナルの「たのしい健康体操『若返りたい』そう」を体験した。参加者は体操から軽やかなダンスに移行する独特の動きで心身をほぐし、軽快なリズムを楽しんだ。

 夏井地区でダンス・舞踊教室の講師をしている地元の中平光子さん(66)が同学級の開催に合わせ、「誰でも楽しかったと思えるように」と創作した健康体操を指導した。

 両腕を大きく広げ、足踏みをするなど全身を使った動きで、ピンキーとキラーズの「恋の季節」の音楽に合わせると体操からダンスに様変わり。「ダンサー」になった参加者は笑顔で体を動かした。