2019.02.17

大谷、投球練習見守る

ブルペン脇で投球練習を見守るエンゼルス・大谷翔平(奥右)=テンピ(共同)
ブルペン脇で投球練習を見守るエンゼルス・大谷翔平(奥右)=テンピ(共同)

 エンゼルスの大谷翔平(花巻東高)が全体練習中のグラウンドに現れた。昨季にメジャーデビューして10勝を挙げた22歳のバリアらの投球練習を、ブルペン脇から見つめた。同僚投手の球に真剣な表情でタイミングを合わせる動作もして、打者復帰を着々と見据えている様子だった。

 屋外のグラウンドに向かった理由の一つが、今年から設置された「ラプソード」という回転数などを分析する機器や、動作解析が可能な高速カメラを見るため。ストライクゾーンを通過する投球の軌道を図表で見られるなど利点があるが、活用するのは投打の「二刀流」が復活する来年以降になりそうだ。

(テンピ共同)