いわて観光キャンペーン推進協議会(会長・達増知事、会員81団体)は15日、盛岡市内のホテルで総会を開き、3月21日から11月10日まで本県観光地をPRする大型キャンペーンを展開することを決めた。三陸鉄道リアス線の全線開通やラグビーワールドカップ(W杯)釜石開催も見据え、官民一体で誘客につなげる。

 約70人が出席。15日は「いわて幸せ大作戦!!~美食・絶景・イベント『黄金の國(くに)、いわて。』~」と銘打つキャンペーンのロゴマーク、PRに向けた独自の振り付けも発表された。

 県内観光地と協力して企画した旅行商品は、早朝の安比高原雲海ゴンドラ、夜の雫石銀河ロープウエーなど普段開放していない時間帯のコースを複数そろえ、魅力を高める。