県は14~17日、外国人観光客の2次交通利用を便利にする県内周遊パスポート「Iwate Area Pass(イワテエリアパス)」の販売に向けた実証実験を行っている。4月下旬の発売を目指しており、実用化されれば東北初。

 同パスはJRを除く県内交通機関が一定額で乗り放題となるサービス。実証実験は東京都や仙台市の留学生ら約20人が参加し、14日は盛岡市の盛岡駅からバスで市中心部の観光地を巡った。17日まで沿岸被災地を含むモデルコースを回る。

 同パスは国外のパスポートを持つ外国人が対象で、1週間1万円、5日間9千円、3日間8千円の3種類を用意する。コンビニで代金を支払って引換券をもらい、盛岡駅や花巻空港、仙台空港で冊子を受け取る仕組み。県内のバス、鉄道の主要路線を利用でき、下車後も追加料金を払えばレンタカーを使える。