飲食店などを経営するRECREATIONS(リクリエーションズ、東京都渋谷区)が本県沿岸部などで販売されている「磯ラーメン」の商標登録を特許庁に出願していた問題で、同社は14日、岩手日報社の取材に対し、「出願を取り下げた」と答えた。詳しい取り下げ時期や理由については明言を避けた。

 磯ラーメン発祥の地をうたう大槌町には1月末、同社から「(沿岸)地域で商品名として使われていることを調べずに出願し、申し訳なかった」との電話があったという。

 特許庁のホームページでは出願のあった商標の審査状況などを公開しているが、手続きを反映するのには1カ月半ほどかかり、磯ラーメンは14日時点で「審査待ち」の状態となっている。同庁では第三者の問い合わせには応じていない。