2019.02.14

「命の授業」の善意、展勝地整備へ寄付 岩手日報北上広華会

高橋敏彦市長に目録を手渡す阿部大司会長(左)
高橋敏彦市長に目録を手渡す阿部大司会長(左)

 岩手日報北上広華会(阿部大司会長、32会員)は13日、日報リーダーズサークル北上例会のお笑い芸人ゴルゴ松本さんによる「出張!ゴルゴ塾 命の授業」で来場者が寄せた5万637円を北上市に寄付した。

 市役所で贈呈式を行い、阿部会長が「展勝地の整備に役立ててください」と高橋敏彦市長に目録を手渡した。寄付金は2021年の展勝地開園100周年に向けて桜の育成管理や看板整備などに活用される。高橋市長は「寄付を生かし皆さんに喜んでもらえるように整備したい」と感謝した。

 同例会は昨年12月5日に同市川岸のホテルシティプラザ北上で開かれ、約600人がゴルゴさんのユーモアあふれる話を楽しんだ。