日本陸連は13日、アジア選手権(4月21~24日・ドーハ)の日本代表を発表し、男子短距離の山県亮太(セイコー)や桐生祥秀(日本生命)、小池祐貴(住友電工)、飯塚翔太(ミズノ)、同走り高跳びで2日に2メートル35の日本新記録をつくった戸辺直人(つくばツインピークス)らトップ選手が名を連ねた。女子は短距離の福島千里(セイコー)、長距離で現役復帰した新谷仁美(ナイキTOKYOTC)らが選ばれた。

 本県関係選手では、男子円盤投げの米沢茂友樹(まいさわ・しげゆき)=オリコ、福岡高-東海大-東海大院=が選出された。

 大会は9月開幕の世界選手権と同会場で実施される。