昨季のパ・リーグ最優秀選手(MVP)に輝いた西武の山川穂高(富士大)にとって真価を問われるシーズンになる。中軸を組んでいた浅村が楽天へ移籍。リーグ2連覇、そして11年ぶりの日本一に向け「抜けたところが大きいところ。もっと進化しないと連覇できない」と危機感をにじませ、キャンプに臨んでいる。

 練習は全て、打つためにしている。下半身の疲労で成績を落とした経験から、守備や走塁の練習も「まずは下から。足を使って下半身をつくっていく」と打撃に生かすための強化と捉えている。全体練習後は必ずバットを握り徹底的に打ち込む。全球柵越えを狙い「この感じで打てば、どこに打球が落ちるかの確認」と説明した。