第18回雪っこ祭り(実行委主催)は10日、花巻市横志田の笹間二小(高橋郁子校長、児童18人)で開かれ、児童や地域住民ら約150人が、校庭で雪上競技を楽しんだ。

 ここ数日の寒波で雪が約40センチまで積もり、一面が銀世界となった校庭。参加者は雪に長靴を取られたり、滑って転んだりとはらはらした展開の中で、そりリレーやスノーフラッグなど5種目に挑んだ。

 同校3年小原士門君は「毎年楽しみ。そりリレーではコーナーで転んでしまったけど、とても楽しかった」と白い歯を輝かせた。雪の下に埋められたお菓子などを探し当てる宝探しでは、大人も子どもも寒さを忘れて一生懸命に掘り進めた。