盛岡市八幡町の盛岡八幡宮参道に手作りのキャンドルを並べる「八幡ともしび横丁」(もりおか八幡界隈(かいわい)まちづくりの会主催)は9日、初めて開かれた。

 約350メートルの参道に手作りのキャンドル270個が並び、訪れた人々は温かなろうそくの光に見入った。市内から両親と訪れた張紗菜(ちょうさな)ちゃん(2)は「とてもきれい」と目を輝かせた。

 市民らにキャンドル作りを指導した同市のラビキャンドルファクトリー代表あめのゆみらび(本名阿部由加)さん(42)は「光景に感動した。さらに多くの人が加わる催しに育てたい」と先を見据える。