【ニューヨーク共同】米大リーグは11日(日本時間12日未明)にアスレチックスが先陣を切ってアリゾナ州でキャンプを開始する。菊池雄星(花巻東高)の加入したマリナーズは12日(同13日未明)にバッテリー組が始動し、マイナー契約の招待選手で参加するイチローは16日に野手組初日を迎え、3月20日に東京ドームで行われるアスレチックスとの開幕戦に向けて調整する。

 昨年10月に右肘を手術して今季は打者に専念する大谷翔平(花巻東高)のいるエンゼルス野手組は、2月18日にスタート。フロリダ州でキャンプインする日本選手はヤンキースの田中将大だけで14日に始まる。

 アリゾナ州では13日に、カブスのダルビッシュ有とマイナー契約で招待選手の田沢純一、ダイヤモンドバックスの平野佳寿がそれぞれ初日を迎える。ドジャースの前田健太とマイナー契約になったパドレスの牧田和久は、当初発表された13日から14日に始動日が変更になった。

 オープン戦は21日からで、米国での開幕戦は3月28日となる。