【スコッツデール(米アリゾナ州)共同】米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平(花巻東高)が9日、米アリゾナ州スコッツデールでキャンプ中の古巣日本ハムを訪問した。取材対応はなかったが、談笑した栗山監督は「オフに会ったときより、顔がシーズンに向かっている。いい表情になっていた」と話した。

 曇り空で冷たい風が吹く中、大谷は半袖のTシャツ姿で現れ、右肘にはっきりと残る昨年10月に受けた手術の痕を指摘される場面もあった。仲の良い上沢は「(半袖で)アメリカナイズされてんなと思った」と笑う。

 メジャー2年目の大谷は今季は打者に専念して試合出場に挑む。