岩泉町乙茂の道の駅いわいずみは11日までの3日間、岩泉産の龍泉洞黒豚フェアを開催している。

 9日のトークショーでは、同町上有芸で龍泉洞黒豚を飼育する養豚業高橋真二郎さん(65)と、黒豚ギョーザの開発を目指して高橋さんの下で研修した同町の地域おこし協力隊針生(はりう)和美さん(37)が登壇。高橋さんが黒豚のブランド化までの歩みや、生産者の現状などを語った。

 レストラン岩泉では11日まで、龍泉洞黒豚を使ったしょうが焼きや煮込みハンバーグ、点心セットを各種千円(税込み)で限定販売。黒豚豚汁も無料で配っている。

 道の駅では、同町岩泉の生活介護・就労継続支援B型事業所「いずみの里」のフェアも18日まで開催。利用者が作ったポーチやコースター、マフラーなどを販売し、実際の織り機を使った体験会も実施している。