県警サイバー犯罪対策課は1日から、会員制交流サイト(SNS)ツイッターでの情報発信を始める。社会問題化するインターネットを介した詐欺の手口や被害防止情報などを発信し、注意を呼び掛ける。

 アカウント名は「@Iwate_cyber」。同課職員が週1回以上、インターネット利用時の注意点などをつぶやき、増加する手口や相談があればその都度注意喚起する。事件の通報は110番などで対応する。

 ツイッターの活用は政府の「サイバーセキュリティ月間(1日~3月18日)」の一環として始め、期間終了後も当面続ける。