紫波町商工会(橘冨雄会長)は、町内の飲食店情報をまとめたグルメマップを発行した。第4弾の今回は新規6店を加えた54店を掲載。おすすめメニューや名物店主の人柄など、各店の魅力をふんだんに盛り込んだ。

 中央、オガール、日詰商店街、東西南北の7エリアに分け、和食や中華、洋食など多様な料理、店舗の内外観、店主などを写真で紹介。A5判カラーで72ページ。6千部発行し、掲載店や公共施設などで無料配布。専用はがきに各店でもらえるスタンプを押して応募すると、温泉宿泊券や3千円分の食事券が当たるスタンプラリーも実施している。