北上市の北上地区消防組合消防本部は7日、20代の消防士が道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで北上署に摘発されたと発表した。

 同本部によると、消防士は同日午前2時ごろ、市内の駐車場内で自家用車を酒気帯び運転した疑いで摘発された。呼気検査で基準値以上のアルコールが検出された。