岩手署管内で「契約不履行により訴状が提出された。連絡がない場合は給与を差し押さえる」などと書かれたはがきが個人宅に届く事案が発生した。同署は現金の振り込みを要求する架空請求詐欺の可能性が高いとみて、注意を呼び掛けている。

 はがきは11月25日までに八幡平市と岩手、葛巻両町の住民宅などに送付。同署への相談件数は20件に上る。

 同署生活安全課の高橋和宏課長は「はがきは抽象的な内容で書かれており、届いた人の不安をあおる。絶対に連絡せず、近くの交番や警察署に届け出てほしい」と注意喚起する。