三陸から天下を取る-。野田村玉川在住のローカルタレント「いずみっくす」として活動する南川泉さん(37)は9日、女性芸人のお笑いグランプリ「THE W」(日本テレビ主催)の決勝に出場する。コンビで予選に臨み、全国627組から10組の決勝切符を勝ち取った。東日本大震災で被災した故郷を思い「三陸魂を見せつける」と大舞台へ挑む。

 南川さんは東京都在住のヨーコさん(40)と組んだコンビ「123☆45(イズミヨーコ)」として出場。代表的なネタは「なまりネタ」。同村のマスコットキャラクター「のんちゃん」をプリントしたTシャツを着た南川さんが野田の方言を次から次へと繰り出し、東京都出身のヨーコさんが軽快に突っ込んで笑いを誘う。

 南川さんは久慈高卒業後、大学進学のため上京。26歳の時、大学の先輩のヨーコさんを誘って芸人の道を志した。コンビ解散を機に16年帰郷。南川さんは「以前は自分が楽しいからお笑いをやっていた。でも震災後、テレビに出ることが応援になると分かり、古里のために何が何でもテレビに出てやるという思いになった。大舞台で力を出し切りたい」と真っすぐ思いを語る。