みんなの力を集め、一本桜を救いたい―。花をほとんどつけなくなった宮古市田代の「亀ケ森の一本桜」の樹勢回復のため、市は6日から初めてクラウドファンディングを実施する。

 国有林内の亀ケ森牧野にそびえる一本桜(オオヤマザクラ)は、高さ約6メートル、幹回り約3・5メートル、枝幅は最大15メートルに達する。市を代表する桜として知られているが、近年は積雪や強風で太い枝が折れ、他の枝も自重で垂れるなど衰えが指摘され、今春はほとんど花をつけなかった。

 寄付の申込先は、さとふる(https://www.satofull.jp/)へ。