禁止薬物問題でレースを休止中の岩手競馬は、7日から再開する方向となった。関係者への取材で3日分かった。県競馬組合(管理者・達増知事)が進めてきた全頭検査の結果が判明し、公正な競馬確保が可能と判断したとみられる。ただ、原因究明は難航しており、再発を防ぐ対策の強化が引き続き難題となる。