ヤクルトは3日、東京都港区のヤクルトホールで新人選手の入団発表を行い、ドラフト1位の奥川恭伸投手は目標にヤンキースの田中将大投手の名前を挙げ「全部の球が一級品で、投手としての全てを持っている。24連勝して負けなかったり、エースらしい存在」と意気込んだ。新入団選手は次の通り。

 ドラフト1位 奥川恭伸投手(18)=星稜高、背番号11▽2位 吉田大喜投手(22)=日体大、28▽3位 杉山晃基投手(22)=創価大、盛岡大付高、35▽4位 大西広樹投手(22)=大商大、44▽5位 長岡秀樹内野手(18)=八千代松陰高、58▽6位 武岡龍世内野手(18)=八戸学院光星高、60