再生可能エネルギー開発業レノバ(東京、木南陽介社長)が軽米町山内に整備した大規模太陽光発電施設(メガソーラー)「軽米東ソーラー発電所」の竣工(しゅんこう)式は3日、同町内で行われた。同社によると、既に稼働している軽米西ソーラーと合わせた敷地面積、年間発電量は山間地を利用した発電所として日本最大級となる。

 「軽米東」は八戸道折爪サービスエリア東側にあり、今月から稼働。約304ヘクタールにパネル約29万枚を設置し、最大出力は80・8メガワット、年間発電量8・7万メガワット時。「軽米西」は敷地面積約155ヘクタールで年間発電量5万メガワット時。両発電所を合わせた年間発電量は13・7万メガワット時で一般家庭4万1100世帯分に上る。