遊休農地でソバ作りに取り組む山田町織笠の白石集落農業生産組合ごっとん会(中村あず子組合長)は1日、そば処(どころ)「ごっとん茶屋」を開店し、オープニングパーティーを開いた。水車の音が響く山あいの店で、白石産の打ちたてそばを味わい、新名所誕生を祝った。一般客は7日から受け付ける。

 メニューは、ごっとんそば御膳(税込み千円)のみで、1日30食限定。町産の海藻アカモクを練り込んだそばを主役に、集落で取れた野菜の天ぷら、季節の総菜「かあさんの小鉢」2~3種、地域色ある手作りおやつも付く。

 午前11時~午後2時。当面の営業日は12月7、15日、1月12、13、19、26日2月2、9、16、23日。問い合わせは体験事業の窓口となっている、町水産商工課の服部真理さん(0193・82・3111)へ。