二戸市浄法寺町の農業法人、馬場園芸(馬場淳(まこと)代表)は29日、同町に整備した農産物加工場「フィールドキッチン」の稼働を始める。産地化、ブランド化を進める冬採りホワイトアスパラガスの選別や冷凍を担う拠点で、空き状態だった旧給食センターを活用。イベントも企画しており、地域の活性化につなげる。

 同法人は、花や野菜を栽培するほか、近年はホワイトアスパラガスの生産に力を入れる。12~3月が収穫期で、今季は5・5トンの収量を見込む。商品名「白い果実」の通り、甘みとみずみずしさが特長。国産の流通が少ない上、冬採りは全国的にも珍しく、主に県内外のレストランなどに出荷している。