【東京支社】国際リニアコライダー(ILC)誘致を応援する各界有志組織「ILCサポーターズ」は27日、東京都内で著名人や研究者が対談する「未来会議」を開き、ILC誘致実現への期待を語り合った。

 サポーターズ発起人で映画監督の押井守さん、東京大素粒子物理国際研究センター特任教授の山下了(さとる)さん、アニメ監督の小林治さん、小説家・編集者の山下卓さんが対談した。

 ILCへの期待について山下了さんは「世界中から人が集まって、地域に溶け込んで生活する。新しい社会モデルができるのが魅力」と説明。小林さんは「子どもたちの科学に対する憧れのシンボルのようになればいい」と話した。

 押井さんは「科学という普遍的な価値を持つものを中心に、世界から働く人をを集められればいい」と見据えた。

 サポーターズは昨年4月発足。映画、ゲーム、出版業界など68人の著名人サポーターで構成する。未来会議の様子は、ILCサポーターズのホームページで1月中に公開予定。