2019.12.28

出生数最少86万人 加速する少子化あらわ

 少子化に歯止めがかからない。2019年生まれの赤ちゃんの数が過去最少の86万4千人となる見通しだ。厚生労働省が公表した人口動態統計の年間推計で明らかになった。平成が始まった1989年では約124万7千人だった出生数が、この30年間で約3割減ったことになる。

◇    ◇

 電子新聞「岩手日報デジタル版」のサービス開始に伴い、論説と風土計の無料公開は終了しました。岩手日報本紙と電子新聞の定期購読は、下記のページから申し込みができます。今後もご愛読をお願いします。

 

 定期購読申し込み・ご案内

 岩手日報本紙  電子新聞