三陸鉄道(中村一郎社長)とIGRいわて銀河鉄道(浅沼康揮社長)は来年2月15、16の両日、三鉄車両がIGR路線を走る共同のツアーを開催する。台風19号豪雨からの復旧を目指す三陸鉄道の支援に収益の一部を充てる。

 ツアー名は「さんてつ銀河の星めぐり」。三鉄2両編成で盛岡-二戸間の70・8キロを約2時間で走る。A、Bの2コースを設け、ツアー限定の記念乗車票やオリジナル手拭いを贈るほか、Aコースに限りIGRのレストラン「びすとろ銀河」による三陸の海産物の御膳などを提供する。

 15日は二戸発、盛岡行き、16日は盛岡発、二戸行き。募集は来年1月7日午前11時に始める。申し込み、問い合わせはツアー実施の銀河鉄道観光(019・601・9991)へ。