【東京支社】県と宮古市、北海道室蘭市は26日、両市間の定期フェリー航路を来春休止する川崎近海汽船(赤沼宏社長)に対し、運航継続を要望した。

 保和衛副知事、山本正徳宮古市長、青山剛室蘭市長、両市議会議長、商工会議所会頭らが東京都千代田区の本社を訪問。赤沼社長へ要望書を手渡した。

 終了後、保副知事は「(継続について)明確な回答はなかった。『できるだけ早いうちに復活させたい気持ちはある』との話はあった。どういう条件をつくっていけるかだろうと受け止めた」と説明。今後の対応は「トラック利用が伸びないことが一番の原因で、利用促進策を考えていきたい。大きな船が出入りしやすいよう港湾管理の面からも手を打たなければいけない」と語った。