25日朝の県内は厳しい冷え込みとなり、盛岡市藪川では今シーズン最低となる氷点下16・5度(平年比6・2度低)を記録した。盛岡地方気象台によると、25~27日は、低気圧などの影響で、雪や雨の見込み。27日は低気圧の発達次第で大荒れとなる恐れがある。

 25日の各地の最低気温は、一戸町奥中山氷点下11・8度(平年比4・5度低)、宮古市区界同7・5度(同1・0度高)、盛岡同3・8度(同0・4度低)、一関同3・6度(同1・3度低)、大船渡同2・6度(同1・6度低)など。36観測地点中8地点で今シーズン最低となった。

 同気象台によると、26日の朝も冷え込みが厳しく、路面状況の悪化や水道管の凍結に注意が必要だ。