厚生労働省は24日、介護施設の職員による高齢者への虐待行為が2018年度に621件あり、過去最多だったと発表した。前年度(510件)から21・8%増加した。被害者は認知症の人が85・0%を占めた。虐待で死亡したケースも1件(1人)あった。件数は12年連続で増えた。

◇     ◇

 本県では2018年度、介護施設職員による高齢者への虐待行為が6件(前年度比3件増)あった。家族・親族による虐待は141件(同1件増)あり、盛岡市で家族の介護放棄(ネグレクト)による死亡が1件あった。