南部せんべいを製造販売する二戸市の小松製菓(小松豊社長)は、ゴマせんべい3商品で、完全菜食主義者も安心して口にすることができることを示す「ビーガン」の認証を受けた。パッケージに認証マークを記載し、言語や文化の壁を越えて、郷土菓子の魅力を発信する。

 ビーガンは肉や魚のほか、卵や乳製品など動物性食品を取らない完全菜食主義者を意味する。認証を受けたのは「おばあちゃんの南部せんべい ごま」「南部田舎ごま」「本南部胡麻(ごま)」。11月にNPO法人ベジプロジェクトジャパン(東京都)から認定証を交付された。同社によると、認証は業界で初めて。